当サイトではトレチノインについて紹介します。頑固なシミ、目立つシワに悩んでいる方、ニキビ跡が気になる方にはぜひチェックして欲しいです!おすすめの成分、トレチノインがあなたの悩みを解決してくれるかも!?

  • ホーム
  • トレチノインに副作用は存在する?

トレチノインに副作用は存在する?

肌がきれいな女性

トレチノインは肌の深い層にあるメラニン色素や古い角質を外に排出し、ターンオーバーを促す働きがあります。
そのため、顔のシミを取る美白剤として使われることがあります。
比較的短期的に効果があるのはそばかすや肝斑などです。また、皮脂の分泌を抑える効果もあります。
トレチノインはこれからできるシミや色素沈着防止にも使われます。シワの解消にも効果がありアンチエイジングとしても使われます。
ただ、どんな薬にも副作用はあります。トレチノインは皮膚のターンオーバーを促すためということもありますが、敏感肌の人は皮がぽろぽろむけることがあります。
見た目は痛々しいですが、これは皮膚が生まれ変わっていることを表しています。
また、赤みや痛み、かゆみなどをともなう炎症もトレチノインの副作用として考えられます。肌に水泡のようなものが出る場合もあります。
使い方を誤ると逆に色素沈着を招いてしまうことがあります。とはいえ、これらの症状は使い方を間違えなければ一時的なものです。
しかし、とくに妊娠中、授乳中、妊娠の可能性がある人は、トレチノインに含まれるビタミンA誘導体が胎児の奇形を誘発することがあるので使用には注意が必要です。
トレチノインの副作用を出さないためには、第一には日焼けに注意することです。肌が敏感になっているので、保湿もしっかり行うことが必要です。
基本的には洗顔後にビタミン誘導体ローションを塗りトレチノインクリームを患部に塗ります。しばらくしてからクリームを洗い流します。
紫外線の影響が原因になることがあるので、外に出かける時にはUV対策をしっかりしましょう。日焼け止めはSRF30以上、PA+++以上を目安にします。

関連記事